境川・清住緑地の全景 

境川・清住緑地での魚探し 

境川・清住緑地ワンデイチャレンジ...

境川・清住緑地での田植え 

境川・清住緑地での稲刈り 

境川・清住緑地での定例作業(草刈り...

松毛川ワンデイチャレンジ(清掃活...

松毛川右岸の竹林伐採(2012年)

松毛川右岸の荒廃竹林(~2012年)

松毛川右岸の再生した河畔林(2013年...

源兵衛川の「世界水遺産」の登録決定について

 

源兵衛川の「世界水遺産」の登録決定について

 

特定非営利活動法人グラウンドワーク三島

専務理事 渡辺 豊博

 

1.概要

 2018年1月11日、インド・ニューデリーに本拠を置く「国際かんがい排水委員会」(ICID)より、源兵衛川の世界水遺産への登録決定および、3月18日からブラジル・ブラジリアで開催される「世界水フォーラム」で表彰される旨の連絡が届きました。

 なお、2016年11月8日にタイ王国・チェンマイで開催されたに登録されたICIDの国際執行理事会において、源兵衛川は「世界かんがい施設遺産」に登録されています。

                                               

2.グラウンドワーク三島のコメント

 今回の源兵衛川の登録は、環境悪化が進行した「水の都・三島」の水辺自然環境の再生と維持に、三島市民が愛郷心を結集し地域一丸となって取り組んできた日頃の努力と地域協働の手法が、世界基準に見合った類まれな水遺産としての側面を持つと評価されたものです。「三島の宝」が「世界の宝」にランクアップした証であり、三島の豊かな水と緑の環境を活かした、私たちのまちづくりの発想が、世界的に評価された証だと考えており、この名誉ある登録を切っ掛けに、さらに、グローバルな活動を展開していきます。

 

3.「世界水フォーラム(World Water Forum ; WWF)」の詳細

 WWFは、フランス共和国マルセイユに本部を置き、82もの政府機関を含めた300以上の組織が加盟する、水に関する政策提言等を行うNGO団体、「世界水会議(WWC)」が3年に一度開催する、世界最大級の国際会議です。地球上の水問題解決に向けた議論や展示などが行われ、2003年に京都で開催された第3回フォーラムでは、2万人を超える世界中の水関係者が一堂に会しました。

 

4.「世界水遺産制度(World Water System Heritage Program)」の詳細

 世界水遺産(World Water System Heritage)は、人間社会と環境との共生に貢献する人々によって培われてきた歴史的な水管理システム・組織・規約を、無形遺産に登録・表彰する制度で、主催はWWC、事務局をICIDが兼ねております。登録対象範囲は、飲用水・農業・工業・発電・水運・環境保全・漁業・洪水管理・防災・下水処理・衛生など全ての水分野。歴史的に確立・実証されている運営手法や組織の真価を認め、これらを成功に導いた要因を発掘、周知することが主な目的です。

 

5.申請施設・申請者

申請施設:源兵衛川(げんべえがわ;静岡県三島市)

申請者(連名):中郷用水土地改良区、NPO法人グラウンドワーク三島(申請書作成・提出等担当)

 

6.問合せ先

申請者:グラウンドワーク三島 専務理事 渡辺 豊博 (電話:055-983-0136)

 

7.別添資料・リンク

(1)申請施設「源兵衛川」の申請書(概要版;英文)(PDFファイル)

(2)世界水遺産とは(PDFファイル)

(3)世界水会議とは、国際かんがい排水委員会とは(PDFファイル)

(4)源兵衛川の概要(グラウンドワーク三島ホームページ内リンク)

 

■掲載新聞記事等(随時更新)

三島駅南口東街区再開発事業の「公募」を即延期に!! 66億円もの財政負担を伴う再開発事業を止める
「水の都・三島」を財政破綻と魅力破壊から守る署名活動

 

 平成29年11月から「公募」が始まる「東街区再開発事業」が実施されますと、市民には、新たに66億円もの「財政負担」が伴います。市民の皆さんは、この事実を承知・合意していますか?

 三島市は、本事業の多様な効果を強調していますが、将来の経済動向が定まらない中で、多額な投資を伴う開発事業は、想定外の危険が伴い、街の破壊が懸念されます。

 また、三島市には、今後30年間で830億円(市年間予算額350億円の2.4倍)もの「公共施設更新費用」(三島市役所・三島市民文化会館・三島市民生涯学習センター等の公共施設の維持管理改修費)に関わる、深刻な財政負担問題を抱えています。

 今回の事業により、市にさらに過重な財政負担がかかり、今後の本事業の実施により「財政破綻・崩壊」が発生して、市民サービスの低下が予測されます。

 もし今のまま駐車場で活用すれば、年間1.5億円が見込まれ、大場地域での新たなまちづくりが実現すれば、年間5億円の収入が予測され、県計画と調整すれば、数十億円の支援が期待できます。

 何故、三島駅南口東街区再開発事業「公募」を、建設費の高い時に、急ぐ理由があるのでしょうか。

 今回の署名活動により、多くの賛同者のご理解を得て、三島市に対して、平成29年11月から平成30年2月末まで実施される「公募」の「即延期」と時間をかけた市民総意の整備計画の策定を要望していきます。

 市民の皆様による、町内や友人、関係者からの署名へのご協力をお願いいたします。

 ※2017年11月1日から、グラウンドワーク三島事務局前で街頭署名活動を実施します。

署名活動では、署名数1万人を目指しています。

主催:NPO法人グラウンドワーク三島

■署名活動関係資料

 ⇒ 署名用紙の掲載ページへのリンク(別ページへ移動します)

■その他関係資料

■ 関連新聞記事

  • 2017年10月25日東京新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)
  • 2017年10月23日毎日新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)
  • 2017年10月21日伊豆日日新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)(PDFファイル)
  • 2017年10月21日静岡新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)(PDFファイル)
松毛川の森を守る募金活動にご協力ください

 

 三島市と沼津市の境界に位置する「松毛川」(沼津市では灰塚川と呼ぶ)は、かつては狩野川の一部でしたが、昭和初期につくられた現在の堤防によって、三日月形の「止水域」になりました。

 上・中流部の両岸には、狩野川の原風景であり、全国的にみても貴重な「ふるさとの森」である、エノキ、ムクノキ、ケヤキなど約1,300本もの樹木から構成される河畔林が残されています。

 特に、私有地である右岸・三島市側は、樹齢100年以上の巨木が130本近くも残る重要な樹林帯になっています。しかし近年、風害による倒木や自然堤防の侵食と崩壊が進行していると共に、ゴミの投棄や外来動植物の侵入よる在来種の減少など環境悪化も拡大してきており、次世代に引き継いでいかなければならない、「松毛川の森」に消滅の危機が迫っています。

 NPO法人グラウンドワーク三島では、2007年から、地域住民の皆様と共に、松毛川の森の再生と復活に向けて、放置竹林の伐採や5,500本もの植樹活動、清掃活動に取り組んできました。

 この度、消滅の危機が迫る松毛川の森を守り、次世代に継承していくために、右岸・三島市側の私有地約3,000㎡を購入するための「松毛川の森を守る募金活動」を開始します。

募金(1口1,000円)は、総額500万円を目指します。

 多くの賛同者のご理解とご協力を得て、松毛川沿いの貴重な河畔林の購入を実現します。

 今後、継続的に「松毛川の森を守る募金活動」を推進するために、草の根の市民活動にも取り組んでいきます。皆様のご支援をお願いいたします。

 

★募金総額(2018年1月23日現在) 1,505,257円

⇒  「松毛川の森を守る募金活動」詳細案内・チラシ(PDFファイル)2017年8月10日更新

⇒ 【ご参考】2017年1月31日・静岡新聞「松毛川千年の森づくり活動」(PDFファイル)

⇒ 【ご参考】2017年6月22日・東京新聞「松毛川の森を守る募金」開始(PDFファイル)

 

活動スケジュール
予定はありません
活動スケジュール
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2018年1月23日「三島駅南口西街区再開発・住民監査請求へ」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント